写実主義画家一覧

コロー(1796-1875)フランス/巧みな筆さばきで叙情性表現、田園風景画家 ドーミエ(1808-1879)フランス/国王や政治家を風刺した版画で一世を風靡、油彩画家としても後世の画家に影響を与えた ミレー(1814-1875)フランス/光と影によるドラマチックな演出、農村で労働の喜びに生きる人々を描いたバルビゾン派を代表する農民画家 クールベ(1819-1877)フランス/労働者や農民、ブルジョアを徹底したレアリスムに基づき、人間の醜悪や露骨な欲望も描き出した。 マネ(1832-1883)フランス/古典的な構図の引用と近代的な技法の融合「西洋近代絵画の創始者」 サージェント(1856-1925)アメリカ/上流社交界の人々を描いた優雅な肖像画で有名
 

エドゥアール・マネ作品

  1. アブサンを飲む男(1859)マネ/サロン初出展作品、しかし落選

  2. スペインの歌手(1860)マネ/佳作でサロン初入選

  3. ヴァレンシアのローラ(1862)マネ

  4. テュイルリー公園の音楽(1862)マネ

  5. 草上の昼食(1863)マネ

  6. オランピア(1863)マネ/高級娼婦を描いている

  7. 死せるキリストと天使(1864)マネ/サロン入選

  8. 笛を吹く少年(1866)マネ

  9. メロンと桃の静物(1866)マネ

  10. エミール・ゾラの肖像(1868)マネ

  11. スミレの花束のベルト・モリゾ(1872)マネ

  12. 鉄道(1873)マネ

  13. アトリエ舟で絵を描くモネ(1874)マネ

  14. フォリー・ベルジェールのバー(1882)マネ

各画家の代表作品

画家のアトリエ(1854-55)クールベ/カンヴァスの右に位置するモデルと左側の人体模型の対象など、謎めいたテーマが隠されている 晩鐘(1857-59)ミレー/信仰の尊さを素直に分かりやすく伝える作品 三等客車(1862)ドーミエ 笛を吹く少年(1866)マネ 真珠の女(1868-70)コロー/《モナ・リザ》を画家独自の世界に移し換えたもの マダムXの肖像(1884)サージェント
PAGE TOP